WEBサイト作りに欠かせないアクセシビリティとは

最近はアクセシビリティという言葉をよく耳にするようになりました。

WEBサイト作りに欠かせないアクセシビリティとは

WEBサイト作りに欠かせないアクセシビリティとは 最近はアクセシビリティという言葉をよく耳にするようになりました。これは、WEBサイトを構築するときには当たり前に目にするようになった言葉です。一昔前にはさほど使われることがなかったので、知らない人も多いでしょう。初めて聞くという人もいるかもしれません。実はこの言葉は、特に企業や公官庁のホームページを作成するときに耳にする言葉です。要は、そういったページはお年寄りも目の悪い人も障害を持っている方も、いろいろな事情のある人が見るものなので、それなりの配慮をすべきだという考え方のことです。

ハンデのある人にでも使いやすいサイトにするというのが、アクセシビリティに気をつけるということなわけです。具体的には、文字のサイズを大きくすることができる機能が備わっていたり、目の悪い人のために音声でテキストを読み上げてくれる機能が付いているサイトのことを、アクセシビリティの高いサイトと言っています。障害者向けの製品を開発している企業なら、もちろん外すことはできない概念になります。公官庁も、補助金の件についてはそういった人に向けて情報発信しているわけですから、無視することはできません。専門家の意見を聞きながら、ベストな方法を導入しなければならないでしょう。

Copyright (C)2019WEBサイト作りに欠かせないアクセシビリティとは.All rights reserved.